五日市乳児保育園

保育内容

入園対象となる方

五日市乳児保育園  広島市に住居している0歳から小学校に入学するまでの子どもで,保護者が家庭で保育することができないと認められる場合(保育が必要な場合)に入園の対象となります。また,当園は認定こども園ですので,3歳から5歳で教育を希望する子どもも入園の対象です。
 心身に障害がある乳幼児であっても,保育が可能である場合は入園できます。福祉事務所又は当園に相談ください。

五日市乳児保育園

★教育を受けさせたい、集団生活を体験させたい。

・教育部門 3~5歳 1号認定
・教育時間前後や長期休業期間中の預かり保育を利用して保護者が勤務することも可能です。
・集団生活の中で生きる力を育みます。
※保育園に入所申込みを行い,広島市で認定申請を行います。

★父母ともにフルタイム勤務

・3歳~5歳 2号認定 教育・保育サービスを受けます。
・0歳~2歳 3号認定 保育サービスを受けます。
・広島市で認定申請と利用調整の申込みを行います。広島市が利用調整や斡旋を行います。
・最長11時間保育利用が可能です。
・利用時間を超えて利用するときは、延長保育となります。

★父母いずれかがパートタイム勤務

・3歳~5歳 2号認定 教育・保育サービスを受けます。
・0歳~2歳 3号認定 保育サービスを受けます。
・広島市で認定申請と利用調整の申込みを行います。広島市が利用調整や斡旋を行います。
・最長8時間保育利用が可能です。
・利用時間を超えて利用するときは、延長保育となります。

保育時間

保育時間

★ 開園時間

午前7時から午後6時までです。
ご利用時間については,
保育標準時間利用の方は,午前7時から午後6時までです。
保育短時間利用の方は,午前9時から午後5時までです。
就労等の実態に合わせて必要な時間を利用してください。
教育標準時間利用の方は,午前9時から午後2時30分までです。

★ 延長保育

保育標準時間利用の方は午後6時から8時までです。(定員90人)
補食・おやつがあります。
延長保育を希望する方は,保育士又は事務所に申し出てください。
定員枠により希望に沿わない場合があります。
  午後6時から午後7時までの1時間延長保育は定員70名、
  午後6時から午後8時までの2時間延長保育は定員20名です。
保育短時間利用の方は午前7時から午前9時及び午後5時から午後6時です。
教育標準時間利用の方は午前7時から午前9時及び午後2時30分から午後6時が預かり保育(有料)となります。
延長保育は,通常保育とは別に利用料金がかかります。延長保育料は利用時間と保育料により算出されます。

★ 一時預かり保育

家庭で保育を受けることが一時的に困難となった乳幼児について,午前8時30分から午後5時30分の時間内において,一時的に預り保育を行っています。事前に登録を行い,緊急保育サービス事業(保護者の傷病,災害,事故,出産,看護,介護,冠婚葬祭等)については,広島市以外にお住まいの方も利用できます。

★ 地域支援

すべての子育て家庭を対象に,子育て不安に対応した相談活動や,親子の集いの場の提供などを実施します。
夏祭りなど各種行事及び園庭を開放して,地域の住民,乳幼児親子と交流を持っています。

休日

★ 日曜日,国民の祝日及び年末年始(12月30日から1月4日)はお休みです。ただし,教育標準時間利用の方は,土曜日もお休みです。
★ その他災害・感染症の発生により感染予防対策を取らなければならない時などは,臨時休園とします。

定 員

五日市乳児保育園 定員330人
 1号認定 10名(3~5歳)
 2号認定 140名(3~5歳)
 3号認定 180名(0~2歳)
クラス名
 【0歳児】 ひよこぐみ
 【1歳児】 あひるぐみ・りすぐみ
 【2歳児】 うさぎぐみ・くまぐみ
 【3歳児】 きりんぐみ
 【4歳児】 こあらぐみ
 【5歳児】 ぱんだぐみ

五日市乳児保育園

平成29年度クラス編成表

クラス編成は、4月1日現在の年齢で決まります。

クラス年齢 生年月日
5歳児クラス 平成23年(2011年)4月2日~平成24年4月1日
4歳児クラス 平成24年(2012年)4月2日~平成25年4月1日
3歳児クラス 平成25年(2013年)4月2日~平成26年4月1日
2歳児クラス 平成26年(2014年)4月2日~平成27年4月1日
1歳児クラス 平成27年(2015年)4月2日~平成28年4月1日
0歳児クラス 平成28年(2016年)4月2日~月齢2か月経過後から

※五日市乳児保育園では原則、乳幼児をクラス分けで保育します。
ただし、入園状況によっては、年度途中でもクラスの変更を行うことがあります。

登園/降園

  • ★ 登園と降園は保護者が付添ってください。いつもと違う人がお迎えに来られる場合は,事前に連絡してください。お迎えに来られる方に,必要に応じて身分証明(免許証など)を提示していただく場合もありますので,協力をお願いします。
  • ★ 園バスを所有していますが,園外保育を目的としていますので送迎は行っていません。
  • ★ お休み,遅刻する場合は,9時頃までに連絡してください。途中で早退する場合にも事前に連絡してください。
  • ★ 『登降園管理システム』を導入しています。登園・降園の際には,カードをタッチしてください。お渡しするカードは保護者の方で管理をしてください。
  • ★ 急病や怪我などの場合は,保育途中にお迎えをお願いすることがあります。
  • ★ 感染症にかかった場合は,他の乳幼児への感染を防止するために,休んでいただきます。
  • ★ 保護者以外の方からの子どもさんが保育を受けているか否か,保護者の連絡先,ご家庭の連絡先などの問合わせには応じていません。
  • 保育園への登園について,全園児9時までに登園してください。
    集団生活の場において保育園での生活リズムを作り,就学に向けての生活習慣を整えます。

食事について

  • ★ 朝食は,1日のスタートのエネルギー源です。しっかり食べて登園しましょう。
  • ★ 食事は,栄養士が作成した献立により毎日調理します。手作りのおやつの提供もしています。
    献立表は,1カ月単位で作成し配布します。
    玄関ホールに幼児食,ひよこ組保育室の前に離乳食の当日の食事を展示しています。参考にしてください。
  • ★ 0歳児クラス/離乳食とミルク又は牛乳
    1歳児~2歳児クラス/昼食(主食・副食・牛乳),おやつ(午前・午後)
    幼児(3歳以上児)クラス/昼食(主食・副食・牛乳),おやつ(午後)
    2号・3号/主食代として1日80円別途徴収させていただきます。
    1号/食事代として1日280円を別途徴収させていただきます。
  • ★ アレルギー食ついては,かかりつけの病院の診断を受けられたうえで医師の指示書に従って,除去食・代替食を提供します。保育士又は栄養士に申出てください。
  • ★ 離乳食
    保護者と話し合い,月齢や一人一人の成長に合わせながら,初期食,中期食,後期食,完了期食と離乳食を進めていきます。離乳食のうち,初期食は一回食,中期食,後期食は二回食,完了期食は昼食(ミルク又は牛乳・主食・副食)とおやつ(午前・午後)です。
  • ★ 食育
    食育とは「食を営む力」を育てることです。
    子どもたちが健全で豊かな食生活を送る能力を育てようとするもので,身体だけでなく心を育てるといわれています。
  • ★ クッキング/幼児クラスでは,栄養士,調理員と子どもたちが一緒に,給食に使用する「エンドウ豆の皮むき」,「トウモロコシの皮むき」などすることによって,「食」に関心を持ち,「食事の楽しさ」や「感謝する心」が育ち,子どもたちが自らが「生きていくための力」をの伸ばせるよう援助しています。(エプロン,三角巾,マスクが必要です。ご家庭では子どもたちと一緒に準備をして,忘れないようにしてください。また,当番活動として,給食配膳をしています。給食着を持ち帰りましたら洗濯をして,月曜日に持ってきてください。)

page top